モノローグ(266) カラスの公演記録   (2015.2.28)

(266) 年代ごとの公演目録

カラスの公演記録を調べたものを下に記します。赤字はコンサート形式で歌ったもの、黒色で記してあるのは舞台上演です。なおコンサートの場合で数値が記してあるのは、2種類以上のコンサートで歌ったことを示します。他の括弧内の数字は舞台上演の回数です。

西暦 カラス年齢    曲目 
1938 15歳 魔弾の射手シバの女王トスカ
1939 16歳 ノルマ(2)アイーダジョコンダ、カヴァレリア・ルスティカーナ(1)(学外へのデビュー)
1940 17歳 修道女アンジェリーカ(1)
1941 18歳 ボッカチオ(1)
1942 19歳 トスカ(2)
1943 20歳 親方大工(2)、スターバト・マーテル(1)、トスカ(1)、アタランテ、チェネレントラアドリアーナ・ルクヴルールフィデリオタイス
アイーダフィデリオセミラーミデトロヴァトーレ
1945 21歳 低地地帯(6)、カヴァレリア・ルスティカーナ(12)、ノルマ、親方大工、フィデリオ
1945 22歳 低地地帯(2)、ドン・ジョヴァンニセミラーミデアイーダトロヴァトーレオベロン乞食学生
1946 23歳 無し
1947 24歳 ジョコンダ(5)、トリスタンとイゾルデ(1) 1948 25歳 トリスタンとイゾルデ(5)、トウーランドット(15)、運命の力(4)、アイーダ(4)、ノルマ(2)
1949 26歳 ワルキューレ(6)、清教徒(3),トウーランドット(9)、ノルマ(3)、パルシファル(4)、ディノラ椿姫ナブッコトスカマノン・レスコー
サンジョヴァンニ・バッティスタ
1950 27歳 ノルマ(11)トリスタンとイゾルデ(5)オベロントスカ(6)椿姫トロヴァトーレ(3)ディノラ、イタリアのトルコ人(4)、
パルシファル(2)、アイーダ(13)。(テバルディの代役でスカラ座出演)
1951 28歳 ミニヨン魔弾の射手ブロッホ変奏曲、椿姫(15)、トロヴァトーレ(3)、ノルマ(8)、 アイーダ(4)、清教徒オルフェウスとエウリディーチェ
ディノラ運命の力仮面舞踏会(2)
シチリア島の夕べの祈り(10)。(スカラ座へ開幕出演)
1952 29歳 清教徒(7)、ノルマ(14)、マクベスランメルムーアのルチアナブッコラクメ、椿姫(9)、後宮からの逃走(4)、アルミーダ(3)、
ランメルムーアのルチア(3)、リゴレット(3)、トスカ(2)、ジョコンダ(8)、マクベス(5)
1953 30歳 椿姫(5)、ランメルムーアのルチア(11)、ノルマ(12)、トロヴァトーレ(12)、メデア(8)、アイーダ(8)
1954 31歳 ランメルムーアのルチア(14)、メデア(3)、トスカ(3)、アルチェステ(4)、ドン・カルロ(5)、運命の力(2)、メフィストフェーレ(3)、
ノルマ(2)、椿姫(2)、ヴェスタの巫女(5)、後宮からの逃走ディノラルイーズアルミーダ
1955 32歳 アンドレア・シェニエ(6)、メデア(4)、夢遊病の女(10)、イタリアのトルコ人(5)、椿姫(4)、ノルマ(10)、ランメルムーアのルチア(2)、
清教徒(2)、トロヴァトーレ(2)、蝶々夫人(3)
1956 33歳 椿姫(17)、セヴィリアの理髪師(5)、ランメルムーアのルチア(10)、フェドーラ(6)、ヴェスタの巫女セミラーミデハムレット
清教徒、ノルマ(6)、トスカ(3)、トロヴァトーレノルマ椿姫トスカランメルムーアのルチア
1957 34歳 夢遊病の女ディノラトウーランドットノルマトロヴァトーレランメルムーアのルチア(3)椿姫トロヴァトーレ、ノルマ(2)、
夢遊病の女(11)、運命の力トリスタンとイゾルデハムレット、アンナ・ボレーナ(7)、トーリードのイフィジェニー(4)、
ランメルムーアのルチア(1)、仮面舞踏会(5)
1958 35歳 ノルマ(1)、ドン・ジョヴァンニマクベスセビリアの理髪師(2)メフィストフェーレナブッコハムレット(2)、椿姫(13)、
ランメルムーアのルチア(3)、トスカ(2)、ノルマ(3)トロヴァトーレ(2)メフィストフェーレ、アンナ・ボレーナ(5)、海賊(5)、
清教徒トスカ蝶々夫人ヴェスタの巫女(10)マクベス(10)、、セヴィリアの理髪師(11)メフィストフェーレ(10)
ボエーム(10)ハムレット(10)、メデア(2)、トスカ
1959 36歳 メフィストフェーレセヴィリアの理髪師(6)ハムレット、海賊(2)、ドン・ジョヴァンニ(3)マクベス(6)セミラーミデジョコンダ海賊
ドン・カルロ(14)メフィストフェーレ(2)トスカ、ボエーム、海賊(9)ヴェスタの巫女(5)、メデア(7)、エルナー二(3)ハムレット(3)
ボエームランメルムーアのルチア、ランメルムーアのルチア(2)
1960 37歳 ノルマ(2)、ポリウト(6)
1961 38歳 ノルマルシッドドン・カルロメフィストフェーレ、メデア(2)
1962 39歳 ドン・カルロ(2)ルシッドチェネレントラ(2)アンナ・ボレーナオベロンドン・カルロルシッドカルメンエルナー二、メデア(2)、カルメン
1963 40歳 セミラーミデ(5)ノルマ(5)ナブッコ(5)ボエーム(5)、蝶々夫人(5)ジャンニ・スキッキ(5)
1964 41歳 トスカ(7)、ノルマ(8)
1965 42歳 トスカ(12)、マノン夢遊病の女ジャンニ・スキッキ,旅への誘い、トスカ(12)、ノルマ(5)
1966 43歳
1967 44歳
1968 45歳
1969 46歳
1970 47歳
1971 48歳
1972 49歳
1973 50歳 (下記を10都市にて告別コンサート)
1974 51歳 (下記を26都市にて告別コンサート)
愛の妙薬(30)ファウスト(30)カルメン(30)シチリア島の夕べの祈り(30)カヴァレリア・ルスティカーナ(30)
運命の力(30)ドン・カルロ(30)ジャン二・スキッキ(30)マノン・レスコー(30)マノン(30)ウエルテル(30)
ジョコンダ(30)トスカ(30)ボエーム(30)
1975 52歳
1976 53歳
1977 満53歳 死亡
上記はユルゲン・ケイスティング著、鳴海史生訳、アルファベータ社、およびマリア・カラスー聖なる怪物、ステリオス・カロゲロプーロス著、高橋早苗訳、白水社等を参考にして計算したもの。

若い場合はコンサート形式で歌った場合が多く、それがずっと年を重ねてから再びコンサート歌手に戻ります。またその円熟期に向かった時代、そこで得意としていたのは、ドラマティク・ソプラノの役が多いのですが、時折昔を懐かしんで歌う曲中には、「チェネレントラ」とか「セミラーミデ」が含まれているのが分かります。そして1951年に至り遂にスカラ座の開幕歌手になったことも分かります。それが続くのが約10年間です。実際には10年連続ではなく、もっと短い生命でした。

「ノルマ」を聴いて楽しくなるのは、これがメロディアスだからです。メロディが多いゆえに、長い旋律につなぐのも楽しいし、美しい故に長時間の鑑賞に耐えることが出来ます。もう一つのベルカント・オペラ、ケルビーニ「メデア」は流麗さが欠けているため、思うほどもて囃されないのだと思います。それでも「メデア」をけなそうとは全く思わない、と言う点を付け加えます。当然ながら「ノルマ」は短い旋律をつないで長くするのが可能ですし、逆に「メデア」はその瞬間を生かすため、各瞬間の悲鳴、怒声にエネルギーを集中します。そしてどちらが覚える時に楽かと言えば、答えは明らかで、「ノルマ」の方が旋律に助けられて楽です。ぶった切るような叫びをどうやって繋げば良いのかは今後の課題です。

千葉のF高












<<Appendix 雑記帳トップへ戻る