Tube A Go Go!!!
by S藤さん

第2回 二兎を追う物は・・・



前回の続きです。。。


程なくして「BOSE Micro Music Monitor M3」はヤフオクにて「イイ人そう」な人に落札されました。。。
「ヨシ!モトは取れたぞ!」末永く使って下さい。。。

そして、、、実は、、、先日、作ったばかりの真空管アンプ「TU-870」は既にボクの手元には有りません、、、


それはなぜか、、、


20年ぶりにまともに半田ごてを握って手塩にかけて製作した真空管アンプ ですが、(中学のときのお風呂ブザー以来(爆

調子に乗ってディープパープルの「ハイウェイスター」をフルドライブで聴いていると「バリバリ、ガサガサ」と右のスピーカーから異音が出て来ました。。。

「AURA TONE 5C」もはやコレまでか!

と、よくよく見てみるとコーン紙の部分がぼろぼろになって亀裂まで入っている始末。。。
コレで聴く「モータウン」や昔のソウルは何にも代え難い味わい深いカジュアルなアメリカンサウンドでした。

まぁ、20年以上前に買ったスピーカーだから無理も無いか、、、 (腕のある人なら修復が可能らしいですが、ぼくにはムリです、、、
今迄、よく頑張ってくれたよな、お疲れさまでした。。。

(その後、このAURATONEはあるアイディアにより奇蹟の復活を遂げるのですが、この時点では知る由も有りませんでした、、、(笑



というわけで、、、となるとウチにはスピーカーがもう無い、、、 どこにも無い、、、

、、、   、、、  ス、ピ、ー、カー、、、             無い、、、             、、、                      小遣いも無い、、、
(呑み過ぎ&遊び過ぎ、、、


「え〜〜〜〜、なんてことだ!スピーカーが無ければ愛しの真空管アンプも何もならない只の「癒し系電熱ヒーター」になってしまうのか!!!」

「聴きたい聴きたい!真空管アンプ!!!」

それは既に真空管アンプを手に入れた人の多くが発症する「禁断症状」が始まりました。(爆

「No Music No Life」ならぬ「No Tube No Life」状態です。



う〜〜〜ん、困ったのも束の間。。。

すぐに、あるアイディアが、、、
トモダチの所に先日、無理矢理置いて来た「YAMAHA NS-10M」が置いてあるんだった!!! (徒歩3分

よ〜〜〜し、なんとかウマいこと言ってソレを取り返せば話は早い訳だ。

たしか、スペック的にも「8Ωで90db」だからちょうどいいかもしれないぞ。。。
真空管アンプは繋ぐスピーカーとの相性が大事って聞いた事有るし、 挑戦する価値は充分にあるな。

無駄足になるのもなんだから、アンプを持って行って「試聴」せねば。。。
そのほうが断然カルいしね。


早速、連絡を取って取り返しにいざっ!!! テクテク、ぴんぽ〜ん!

そして、友人宅。。。

すると、我がNS-10Mは、あたかもずっと以前からそこに有ったかの様な顔をして友人宅に収まりよく佇んでいました。。。
彼も、昔からこのスピーカーを欲しかったらしくて、愛用しているとの事です。

(待てよ、、、これを、持って帰えるのはちょっと気が引けるかな、、、何だかおれが都合のいい自分勝手な人間に見られてしまうかも、、、いや、、、背に腹は代えられん、、、もともと、おれの物だし、、、)
(いや!ここは心を鬼にして、取り返さねば、、、) と勝手な解釈。
と思いつつ、持って来た「TU-870」取り出して

「この、アンプさ君は知らないと思うけど、聴いてみない?」

と、早速、接続を済まし友人とともに、いざ「試聴」。。。

別段たいして期待もせずに試聴してみた訳ですが、「TU-870」と「NS-10M」の組み合わせのサウンドにはぼくも友人も言葉を失う程素晴らしく「AURATONE」よりもさらに、各楽器が立体的に聴こえ定位もくっきり、リバーブの具合も分かり易く、音源に込められている音の隅の隅まで、もれなく聴こえ何より音楽が輝いて聴こえて来ます。。。

とても2W+2Wの出力とは思えないゴージャスなサウンド。。。音量も出る出る、充分すぎるくらい。。。
大体11時まで上げると丁度いい感じにドライブして周囲の空気感も変わった様です。

何より「音がカタチ」に成って聴こえて来ます。音楽に対しての疑問が一つづつ解けて行く様な気がしました。

「素晴らしい演奏はより素晴らしく、そうでない演奏はソレなりに、、、」(爆
が正直な感想です。

それから先日トラックダウンしたばかりだと云う彼の自作曲をかけてみたりして(そのレコーディングはぼくも立ち会っていましたので)
そこで明らかに「そこに在る音楽」が違って聴こえました。良くも悪くも「リアル」です。


10Mの隠れた能力をかいま見た気がします。
「このスピーカーってホントはいいんだ」と感心しきり。。。

そして、なにやら背中には友人の熱い眼差しが感じられました。。。

「アニキ!これ、いいですね、最高ですよ!おれも、気に入っちゃいました!」との事。。。

              むむむ、、、                    、、、何だか嫌な予感、、、


「持って帰るのも重たいし体に悪いですよ」
「それいくらで買いました?」
、、、  、、、  、、、

そして、悪い予感は当たる物です!!!

結局「NS-10M」は持って帰る事が出来ず、物のついでに数日前に製作したばかりの「TU-870」を格安で譲るハメに!!!

なんてこった!!!

まあ、大事に使ってくれる奴だからいいか。。。


                 格言「二兎を追う物は一兎をも獲ず!!!」(爆



まだまだ続きが有りそうな予感です、、、








<<目次へ戻る