キット屋倶楽部


廣瀬 様のSUPER SUB 改造記

1.コンセプト

アンプの常識には全く反するかもしれませんが、なるべく
スケルトンな、つまり中身が見えるアンプを作りたいと
考えました。全体写真に示しましたように、外周はすべて透明の
アクリル板で作りました。ただし内部の仕切りにアルミ板を
2枚使っています。
シャーシ以外の部品と回路は、キット屋さんのSUPER SUBを
そのまま使っています。SUPER SUBオリジナルのシャーシ
は非常に頑丈ですし、CDジャケットを飾れるようになって
いるなど様々な工夫もあって魅力的ですので、これを使わな
いのはもったいないのですが、今回はあえて独自のシャーシ
にしてみました。

2.どんな構造になっているかと言うと・・

天井と左右側面のアクリル板をはずして、横から見た写真
2枚(左側から見たものと右側から見たもの)を撮りました。
多少わかりずらいかもしれませんが、内部は上下3層になっ
ており、各層の仕切り板がアルミです。上から順に説明しま
すと、最上層に真空管と出力トランスが、仕切り板を挟んで
中層に主要回路の小部品・配線が、さらに仕切り板を挟んで
最下層に電源トランス、チョーク(安定器)などの電源部が
あります。

2枚のアルミ仕切り板と床のアクリル板は、長さ100ミリ
のボルト6本で上下の間隔を固定しています。このうち
4本は出力トランスの固定ボルトを兼ねており、トランスの
重量を支えています。

写真ではわかりにくいのですが、最上層の背面に入力ピン
ジャックとスピーカー端子、中層の前面に音量ボリュームと
ヘッドホンジャック、最下層の前面に電源スイッチ、
背面に電源コネクタとヒューズホルダを、それぞれアクリル板に
取り付けてあります。

なお修理や改造がしやすいように、容易に分解できるように
してあります。周囲のアクリル板を取り去って中身を分解した
写真を撮りました。写真の左側は上の仕切り板の下面で、
真空管ソケットやラグ板に配線してあります。写真の右側は
下の仕切り板の下面で電源部になっています。
両者はB+、Bー(アース)、ヒーター2本、
ヒータートランス中点の計5本の配線でつながっています。

3.設計上注意したところは・・・

こういうシャーシで一番問題になるのは、ノイズ対策と
思われます。電源トランスと出力トランスとは、上下方向にも
左右方向にも最も遠くなるよう配置し、また両者はアルミの
仕切り板2枚で隔てられるようになっています。

上の仕切り板を下から見た実体配線図を示しました。
(自分 だけわかればよいと思い作ったものなので、
ヒーター配線やヘッドホンジャック周辺の配線など
省略してある部分や、実際の配線とは色の違うところがあります)
信号ラインがノイズを拾ったり干渉したりしないよう
配慮したつもりです。
入力ピンジャックからボリュームへのシールド線は
図の左端に点線で示しているように、仕切り板の上面を通しています。
アースラインは入力ジャックの近傍1点でシャーシ
(仕切り板)に落ちており、そこから出発して信号ラインに沿って
まずボリュームのケースに落として、そこから入力側から出力
側へ向かって順にアースポイントをつないで行き、
最後に電源部Bーへ向かいます。

以上のように、正しい方法かどうかわかりませんが、自分なりに工夫したことが功を奏してか、残留ノイズは最小限に抑えられたと思います。詳しい計測はできませんが、ボリュームを最大にしてやっとヘッドホンでわずかにハムが感じられる程度です。周囲にシールドがありませんので、外部ノイズの影響は受けやすいかもしれませんが、幸いにも我家では他の機器と接近させて配置する必要がないので、問題はありません。

もう一つ放熱にも気をつけました。各仕切り板と周囲のアクリル板との間には隙間が設けてあり、また底板、
仕切り板、天板には適度に放熱孔を設けました。1時間以上電源を入れっぱなしにすると、最も熱くなるのはやはり
真空管周辺、次いでカソード抵抗周囲や整流ダイオードとなりますが、アクリル板がその耐熱温度(約80℃)に近づくことは全くありません。


4.出来上がりは・・・

まだ10数時間ほどの通電時間ですが、どの音域も良く出ており、とても豊かな音に感じます。SUPER SUBは非常に
コストパフォーマンスの高いアンプであることを実感しております。
スケルトンなアンプなんて専門家の皆様には一笑にふされてしまいそうな代物ですが、自分ではいかにも「生きている」ような
感じがするところがなかなか気に入っており、自己満足に浸っております。
ただし今回は工作のしやすさを重視して、少し薄めのアクリル板、アルミ板を使ったので
(アクリル板は2ミリ、底板のみ3ミリ、アルミ板は1ミリ)、ケース全体の剛性が多少不足気味かなという感じです。
今回の経験を生かして、次回は別のアンプでさらに挑戦してみようと考えています。

キット屋倶楽部のTOPへ戻る