SV-8800SE

¥ 295,000 ~ ¥ 448,800 +税

加算ポイント:2,950pt4,488pt

ポイントについて

商品コード: AS00669

関連カテゴリ

  1. パワーアンプ

関連ブランド

  1. SUNVALLEY AUDIO
  • キット・完成品の選択
  • 真空管の選択(SV-8800SE)
  • 完成品を選択された場合は、後ほど納期をご連絡いたします
数量

”〇〇仕様”には全ての真空管が付属しています。
(電圧増幅段はEH, 但し最強バージョン除く)


※「最強バージョン」の場合「Brimar 12AU7*2」,「Brimar CV4068*4」,「TUNG SOL KT150*2ペア」,「Arizona 0.047uF/0.1uF*各4個」が付属します。

※「KT88仕様」はGold Lion KT88, 「KT90仕様」はEH KT90, 「KT120仕様」はTUNG SOL KT120が付属します。


SV-8800SEは当社多極管PPのフラッグシップモデルで出力,特性,音質全てのパラメータにおいて群を抜いたパフォーマンスを誇ります。

トランス類は全て橋本電気の特注品で特に出力トランスはKNF巻線をバイファイラーという嘗てマッキントッシュのアンプが採用していた特殊な巻線技術を導入。当社モデルで最も広帯域な周波数特性を叩き出しています。重厚な佇まいの美しさに魅了されるだけでなく、音の良さでも他を寄せ付けないアンプです。

基本的にはウイリアムソン回路をベースとしながら音の鮮度感を重視する立場から過重なNFBを排除し、伸びやかな音質と重量感のある中低域の両立を狙っています。出力段に関しては半固定バイアス回路を採用。調整のし易さと安定性を求めました。シャーシ上面からテスター一本で容易に調整が可能です。

モノづくり的には電源部のみ基板とするものの、増幅部は質実剛健なオール手配線。嘗てのヴィンテージアンプでもしばしば採用されていた、シャーシ上面/底面間に立てられたアングルを使って「井桁」状に組み上げる快感は熟練のマニアをも唸らせるモノづくりの歓びに満ち満ちています。是非ご期待下さい!


(アップグレード用真空管)
Brimar 12AU7(2本要)
Mullard CV4068(4本要)
Tung Sol KT150(2ペア要)

(お勧めオプション)
Arizona Capacitors 0.047uF (4本要)
Arizona Capacitors 0.1uF (4本要)

(音質傾向について)
一般にオーディオ機器は帯域を拡げるほど音は細身に感じるのが普通です。SV-8800SEは標準仕様でも高域側200kHz以上(-3dB)、最強バージョンでは300kHz近くまで伸びるという標準的な真空管アンプとは比較にならない超広帯域とKT150で60W近くまで伸びた大出力に加え、実体感と重量感のあるマッシブな表現を最優先に考えられたアンプです。バイファイラーという特殊な巻線技術を採用致したのも全ては音質と特性の両立の為と申し上げても良いでしょう。

SV-8800SEをチョイスされるお客さまには幾つかの傾向があります。まずは大型スピーカー。オーディオ黄金期のヴィンテージスピーカーを朗々と雄大に鳴らす為。そして真空管アンプではとても鳴らせないと思われている現代スピーカーを半導体でなく真空管アンプのホットなサウンドで鳴らす為です。前者は全盛期のジャズ喫茶のような熱気を、後者はやや冷静に鳴る現代オーディオから迫真のダイナミズムを体験頂けるでしょう。

(組立難易度)
★★★★★


形式:KT88 / KT120/ KT150プッシュプルパワーアンプ
入力:入力1系統 ヴォリューム付
配線方式:オール手配線(電源部のみ基板使用) 
ボンネット: 標準装備 ※KT150使用時は嵩上げねじを使用
使用真空管:12AU7×2, 12BH7A×4, KT88 / KT120 / KT150×4
定格出力:45W+45W(8Ω, THD:10%) ※KT88使用時
     50W+50W(8Ω, THD:10%) ※KT90使用時
     55W+55W(8Ω, THD:10%) ※KT120 / KT150使用時
周波数特性:10Hz〜200kHz(1W 8Ω -3dB)
ゲイン:27dB(8Ω)
SPインピーダンス:4/8Ω(8/16Ωも選択可)
サイズmm(突起部・球含む):W400×D380×H220
重量kg:32

ページトップへ